Top > 暮らし > ポジションを間違わないこと

ポジションを間違わないこと

実際にPCの前に座り休むことなく上下している相場を眺めていると取引をしなくてはいけないという抑えようのない気持ちに突き動かされる場合も少なくありません。

 

だがしかし、なんとなく思いつきで売買することは、避ける必要があります。

 

ご覧の通り、外国為替市場は年中いつでもどこかの外国為替相場が関いているし、市場も、変化しています。

 

しかし、闇雲に注文をしているとその回数分だけ損失を被る率が増します。

 

もちろん、注文の数を重ねることによってトータルで利益を上げられる可能性が五分五分になります。

 

けれどもそれは「はっきりしない思いつきで注文」してしまうこととは別の話だ。

 

エントリー回数を積み重ねる事の意味は自分が「ここはいける」と感じた勝機を持った場面でのトレード回数を積み重ねるという事です。

 

何となく、のべつ幕なし売買を経験するのとは明らかに違う。

 

マーケットの勝負に臨むにはあなたが緩急をつけることこそが大切です。

 

「ここは勝てる」と思った相場の時には覚悟を決めて所持ポジションを多くして、積極的に儲けを追求します。

 

「明らかに分かりにくい市場で、どう動くのか読めないな」と思った時は執着しないで保持ポジションをひとつ残さず諦めて放置します。

 

それくらいのけじめをつけた方が、最終的に売り買いはうまくいくものだ。

 

外国為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

文字通り言葉どおりだと感じます。

 

為替取引とは、売買ポジションを持つことが重要ではなく、どのポジションも保有せず待っている事も事態によっては相場です。

 

それでは、どういう時に休みどきなのでしょうか。

 

最初に言われるのが前に述べたように、今の為替相場が明確に良く見えない時です。

 

今から上がるのか下がるのか決める事が出来ない時はヘタに動くと、自ら考えた筋書きとは反対の方向に相場が変動してしまい、損失を被ることになる。

 

そのため、そういった場面ではポジションを減らしてそのままの状態で静観しているのが最善の策です。

 

第2に、己のコンディションがすぐれない時。

 

体の状態と外国為替市場に関係ないと考える方もいると思いますが現実には大きくつながりがあります。

 

体の調子が悪い時は、マーケットの大少な状況で、冷静な判断を下すことができない。

 

関心がわかない時は市場から目をそらす事も必要な事です。

 

暮らし

関連エントリー
ポジションを間違わないことテスト