Top > コスメ > 多汗症の治療薬について

多汗症の治療薬について

季節を問わず汗が止まらない、そんな多汗症でお悩みの方はたくさんいます。手術で治すというイメージが強い病気ですが、まずは薬で自身の症状と向き合ってみることです。治療薬としては、直接塗るもの、服用するもの、漢方薬など様々なものがあります。

 

どの薬もすぐに効果が現れるとは限りませんが、自分に合った治療薬を見つけることができれば手術も回避することができます。そして何より、汗のことを気にせず爽やかな毎日が送れるようになるのです。

 

多汗症の治療薬としてはまず、緊張による発汗を抑えるという意味で精神安定剤があります。直接発汗を抑える薬としては、アセチルコリンを抑制する精神遮断薬(抗コリン剤)がありますが、副作用のリスクがあるので、使用の際は医師とよく相談することが必要です。最も手軽なのが塩化アルミニウムを皮膚に塗ることです。

 

この種の制汗剤がたくさん市販されていますが、効果には個人差があります。その他、ボツリヌス毒素を皮膚に注射することも効果があることが知られていますが、かなりの高額でかつ保険適用外です。

 

しかし、通販なら安く購入することができますよ!
多汗症治療薬プロバンサインは通販でも購入できます!

コスメ

関連エントリー
多汗症の治療薬について快眠のための3つのポイントテスト