Top > スマホがない一日を送ってみて思ったこと

スマホがない一日を送ってみて思ったこと

最近、電車に乗っていると、多くの人がスマホを扱っていることに気づきます。「多くの」というより「ほとんどの」という言葉の方がしっくりくるかもしれません。先日、私はスマホを家に忘れてしまいました。職業柄スマホがないと困るということはないので、家に引き返すことなく職場へ向かいました。一日中スマホのない生活をしたわけですが、やはり気になって仕方がありません。「誰かが急ぎの用事で連絡をよこしているかも」と心配したり、電車の時刻を調べたり電卓を使おうとしたりする時「あ、スマホないんだった」と思って不便に思うことが何度もありました。しかし、家に帰ってスマホを見てみたら、さして重要な連絡は来ておらず安心しました。スマホは、持ってる生活にあまりにも慣れすぎているために「便利な道具」という枠を超えた「生活に密着した道具」になりつつありますが、今回の件で、あまりに依存しすぎるのもどうかと思うようになりました。 メンズエステ奈良
関連エントリー